「まずい、もう一杯!」、悪役スターが放つ強烈な一言が日本中を駆け巡り、今やまずいどころか、日本のもっともポピュラーな人気商品、国民的飲料になりつつある青汁ですが、そもそもなんなのでしょうか。なんとなく体に良さそうだけど、ほんとにまずいの?どれくらい飲んだらいいの?と、いうよりほんとに体にいいの?などなど、分かっているようで、実は知らないことだらけなのが、青汁と言えるのではないでしょうか。

かつて野菜ジュースと言われる、野菜の寄せ集めのようなジュースが、一部のツーの間で、秘かに飲みつがれてきました。それと、どこがどのように違うのでしょうか。このサイトでは、こうした多くの青汁の謎に迫ってみたいと思っています。ともかくも、青汁の正体を明らかにしない限りは、なんとも気持ちが悪いので、一般に考えられている青汁の定義を明らかにしたいと思います。

そして、確かに飲み続けるには、相当な覚悟がいるように思える青汁を、おいしく飲める、とっておきのレシピを一部ですが、ご紹介します。青汁は確かに体に良いものには違いないのですが、様々な種類があり、過剰に摂取しすぎると、逆効果の場合もあります。ここでは、青汁のメリットと共に、デメリットもご紹介します。が、しかしアンチエイジングやメタボシンドロームが、ちまたで話題になったこともありますので、青汁の効能を最大限に生かして、健やかで生き生きとした生活を送っていただくためにも、このサイトが大いに活用される事を期待したいと思います。

そのためにも、ぜひ最初から順番に読み進めていっていただきたいと思います。もちろん、それぞれ読み方や活用の仕方は人それぞれでしょうが、最低限、これだけは知っておいて欲しい事を厳選して掲載しています。最後まで読んでいただければ、今日からさっそく青汁を飲んでみたいと思うことでしょう。幸いに、数多くの企業様が、青汁をと扱ってくださっています。

基本的には、そうそう味に違いはあるとは思えませんが、しかし、それぞれに企業の持ち味を生かした商品を出してきていますので、微妙に好みの味というのもあるでしょう。それらを飲み比べて見ても、おもしろいかもしれませんね。ぜひネットで、店頭で、捜してみてください。

 ウコン