青汁の基本

青汁のデメリット

青汁は、豊かな栄養成分を含み、毎日に生活に活力をもたらしてくれる魔法の飲み物です。便秘の人はもちろんのこと、美肌効果や鎮静作用もあります。ぜひ一日最低一杯は飲んで欲しい食品です。ただ、若干注意しておいて欲しいこともあります。確かに体に良いものをたくさん持っていることは確かなのですが、飲みすぎると逆効果になるケースもあるのです。

野菜なのに?と思いでしょうが、例外もあるのです。というには、先述したようにビタミン類やカリウム、りんといった重要な要素を豊富に含んでいます。これは、通常は特に問題はありませんが、腎臓に欠陥があるという人や、人工透析を受けている方は要注意です。症状を悪化させてしまう場合があります。

したがって該当する方で、これから青汁を始めようとする方は、担当医師と相談の上、お試しください。たとえば、カリウムですが、これはミネラルに変わる成分です。普通は体内にたまった毒素を取り込み排出してくれるので、生命の維持のためにも欠かせません。ところが腎臓が弱っていると、カリウムを吐き出す力も弱くなっており、体内にどんどん蓄積していきます。

そして嘔吐やしびれ、不整脈、血圧の低下といった、ありがたくない副作用を引き起こしやすくなります。豊富なビタミンのうち、ビタミンkという成分が、心臓や血管、脳に障害がある人たちの服用している薬の一部に、マイナス作用を及ぼすことがあります。また不妊治療を受けている方も、控えた方が懸命です。その他飲みすぎると、吐き気や下痢、発疹、便秘、アレルギーなどの症状を引き起こす場合もありますので、注意しましょう。