青汁の種類

青じそ青汁

青じそは、古来より滋養食として親しまれてきた食材であり、特に薬草として有名です。というのも、豊富なβカロチンやミネラルといった栄養素が、動脈硬化やガン、心臓病、成人病といった現代病の多くに、優れた効能を発揮するからです。

さらに活性化酸素の発生も抑えてくれるので、アンチエイジングや美肌作りにも効果的です。さらに鉄分やカルシウム、カリウム、食物繊維なども豊富なので、高血圧症やむくみ、貧血でお悩みの方にもオススメです。新陳代謝を促進させ、どろどろ血の解消させる効果もあります。

アトピー性皮膚炎や花粉症の予防に優れています。という具合に、実にたくさんの効能を兼ね備えた青じそは、ぜひ食卓に積極的に登らせたい食材の一つですね。他の野菜は、煮炊きすれば半分以上の栄養素が流れ出てしまう難点がありましたが、青じそに関しては生でも十分美味しくいただけるので、そういう意味でも大変重宝な食べ物とも言えますね。

この青じその効果を最大限に引き出したものが、青じそ青汁です。青じそは独特の風味があり、個性的な食材なため、香付けや風味付けとしてのみ用いられることが多いのですが、青じそ青汁は、しそのエキスをぎゅっと凝縮されているので、青じそが持つミネラルやベータカロチンを効率的に簡単に摂取することができます。

もし成人が一日に必要な栄養素を青じそから摂取するとなると、60枚以上の青じそを食べなければならないのです。そうしたことを考えても、青じそ青汁は、大変貴重な食品という気がしますね。